七星ペペの絵日記

子供を産んでから育児の大変さに気づき右往左往する主婦のブログ

【スポンサーリンク】

予定日通りに産まれたのに体重2,200g!?低体重出生児として産まれた我が子の今②

f:id:pepesis:20190328055135p:plain

前回は長女が無事誕生したものの体重が2,300g未満であったことを書きました。

病院の決まりにより低体重出生児は最低24時間は

保育器の中で様子を見なければいけません。

 

本来は出産当日から母子同室がスタートする予定だったのですが

私は赤ちゃんと過ごせないまま

しばらく自室で過ごすことになしました。

 

 

f:id:pepesis:20190328055142p:plain

f:id:pepesis:20190328055151p:plain

f:id:pepesis:20190328055156p:plain

f:id:pepesis:20190328055203p:plain

f:id:pepesis:20190328055209p:plain

f:id:pepesis:20190328055216p:plain

f:id:pepesis:20190328055222p:plain

f:id:pepesis:20190328055229j:plain

 医師からは体重が小さかっただけでその他に特に問題はないとのことでした。

安心した半面、できればちゃんとした理由を知りたいという気持ちもありました。

その訳は

・問題無いと言われても正しい原因が不明だと本当に大丈夫なのか分からない

・二人目も考えていたので同じようなことが起こらないようにしたかった

 からでした。

 

でも決して詳しい原因を調べてくれなかった病院に不満を持っていた訳ではありません。

この産院は地域でも数少ない周産期センターという所で

設備もスタッフ体制も万全なところです。

妊娠中の検診もずっと受けていてこの病院をある程度信頼していました。

低体重で産まれた原因を解明しなかったということは

サクラの状態はそこまで問題ではないからだろうと、私も解釈しました。

 

という訳で低体重出生の原因はいまいちはっきり分からないままとなったのですが

実はこの数年後意外な場所で

「コレが原因だったんじゃないの?」という発見があったのです。

 

続きます。

 

 

www.pepenanahoshi.com

 

 

 ランキング参加中☆クリックしていただけると励みになります!

 にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ